混ぜるな危険

_|・ι____・*|_←ぷりちー

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | -------- | comments(-) | TOP↑

≫ EDIT

みんなで汝は人狼なりやというゲームをやらないか

ゲームといってもRPGとかそういうゲームじゃなく、疑心暗鬼推理ゲームとかいうジャンルに分類されているゲーム。
ブラウザで開けるCGIでできるのでめんどくさいDLとかは無しでできるゲームです。


以下俺の説明が書いてあるけど
http://wearwolf.netgamers.jp/wiki/index.php?FrontPage

http://jinrou.dip.jp/~jinrou/pukiwiki/
こっちを見た方がわかりやすいかも。





☆ゲームのストーリーを適当に
村人A「おい、俺たちの村の住人の中に人狼がいるらしいぞ」

村人B「そんなわけないだろトム、みんな人間だぜ」

村人A「だよな」

村人C「人狼(笑)」

1日目の夜

狼「わおーん」

狼「わんわんお」

2日目の朝

村人B「おはよー」

村人A「・・・・」

村人B「し・・・しんでる・・・。」

村人C「人狼だ、人狼にくわれたんだー」

ばばーん
こんなん。(ド適当)
村人はどうにかして狼を探し出し、処刑しなきゃならない。
狼は村人にうまくまぎれこみ、村人の信用を勝ち取り、生き残り、食い殺す。
村人の勝利条件は人狼の全滅
人狼の勝利条件は、人狼の数>村人の数にすること。
人狼と村人の壮絶な戦いが今はじまる(キリッ


☆ゲーム内の役職
ゲームが始まると、まず参加者にはそれぞれランダムに役職が付与される。
誰がなんの役職になっているかは、その本人以外わからない。
主な役職は以下のとおり

「村人チーム」
・村人
なんの力もないただの人間。
しかし参加プレイヤー内での比率は村人が一番多い。


・占い師
特別な力を持つ人間。夜の間に自分を除く参加プレイヤーの一人を選び占うことによって、その人物が狼か、人かを調べることができる。ゲーム内に一人


・霊能者
特別な力を持つ人間。詳しくは後述するが前日に処刑された人が人間だったか、人狼だったかを見る能力がある。ゲーム内に一人。



・狩人
村人チームの頼れる護衛。
彼は一人護衛をする人を選び、その人を人狼の手から守ることができる。しかし守れる人は1人だけ。ゲーム内に一人



「人狼チーム」
・人狼
狼さん。夜の間に遠吠えによる狼同士のコミュニケーションが可能。人狼内の多数決で多かった人を1夜につき1人食い殺すことができる。参加人数により増減、最低2人~


・狂人
彼は人間だが、人狼を崇拝しているため、人狼の勝利が狂人の勝利。
占い師の占いでは人間であると判定される。
場をかき乱して人狼が有利になるように動け!
ゲーム内に一人。



☆ゲームの進行
ゲームは夜→朝→昼→夜 という繰り返しで進行していく。

・夜
村人・霊能者・狂人→寝ているか、自宅にいるためひとりごとしか言えない。

占い師→一人を選び、その人を占うことで人間か人狼かを見ることができる

狩人→誰を護衛するかを決め、守ることができる。守っている対象は狩人にしかわからない。

人狼→狼同士で遠吠えによるコミュニケーションができる。
この会話は狼同士にしか見えず、人間(狂人含)には見ることができない。
狼同士で相談をし、誰を殺すか、昼をどう過ごすかの相談をする。
その後人狼内で多数決をとり、票数が多かった人が狩人に護衛されていなければ喰い殺せる。(初日のみは初日犠牲者という犠牲者NPCが用意されている)


・朝
朝一に狼に喰い殺された人が居た場合、誰が犠牲になったかがわかる。そして、会議の時間が始まる。
各々自由にチャットによるコミュニケーションで全員を探り合う。
占い師は自分が占い師であることをカミングアウト(以下CO)して、誰を占い、結果どうだったか等の情報を流してもいいし、潜伏してもいい。しかしCOすればしたぶんだけ夜の間人狼に狙われる危険性は増える。
人狼は占い師や霊能者を騙って嘘のCOをして村人の混乱を加速させたり、さも自分が村人であるように見せ、うまく溶け込む。騙りは信用を勝ち取ることができれば人狼の有利にはこぶが、バレたら不利に。
狂人も同じく人間の能力者を騙ったり、人狼のアタリをつけてその人たちが有利になるように動く。
このゲームの面白いところが、場合によっては村に1人しかいないはずの占い師が3人とか出てきたりする。
誰を信用し、どう動くかを判断しつつ、意見を言い合うのが村人たちのお仕事。
二日目以降の場合は霊能者が前日処刑者の正体が何だったのかを知ることができる。


・昼
投票の時間。朝の会議で「怪しい」と思った人に各自票を入れる。
開票後一番票数が多かった人が処刑される。同数があったばあい3回まで決選投票になる。



・ふたたび夜へ・・・。



以上
すごくおおまかな説明だけどゲームの概要はこんな感じ。
もし興味を持ったら詳しい内容は
一番最初のURLに書かれてる。

一応今声かけてる人たちは全員初心者なので気軽に参加できるよ!
なおルール読んだだけだとよくわからん!って思うだろうから、上のページのどっかに実際のプレイの様子のログが見れるページがあります。



今週土曜日の20時から、やる予定です。
いるかどうかわからないけどもしブログを見てる人で参加したいって人がいたらコメントつけてくだしあ!
現時点で9人くらいが来る・・・予定です。

| 日常生活的な | 2010-03-17 | comments:2 | TOP↑

COMMENT

わんわんお(`・ω・´)

| れべっか | 2010/03/19 06:25 | URL |

わんわんお!

| 粒々 | 2010/03/19 09:02 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。